オーストラリアのサッカー練習環境 ~練習場①~

先週いっぱいで年内の練習が終わり、約2ヶ月の夏休みが始まりました。

その間、練習は一切なしです。

なんとか練習ができるようテクニカルダイレクターと交渉はしたのですが、クラブの代表が夏休み中の練習は一切認めないとのことで却下されました。

その代わりに自主練をたくさんしてもらうと宿題を用意している今日このごろです。

 

今日は、普段使用している練習場を紹介しようと思います。

練習場所は2つあり、曜日によって変わります。

一つ目の練習場はDuncan Field。

 

ここは去年できたばかりのグラウンドのため、芝の状態もよく、更衣室等もすごくキレイです。

サッカーコート2面分のピッチがあり、U13&14が片面、U16がもう一面で17:30から19:00まで練習をし、そのあと20:30までU18とU20が一面ずつ使用しています。

こんな感じで照明もしっかりしているので日が暮れても全く問題なく練習ができます。

 

グラウンドの環境は申し分ないのですが、唯一の問題は立地条件です。

 

オーストラリアのサッカーグラウンドは基本車移動なのですが、ここは山の中にあるのでアップダウンの激しく、さらに照明がない暗い山道を時速80キロで走るという、車の運転が不得意な私にとってはジェットコースター並の恐怖です。笑

 

ちなみにピッチのすぐ脇にはたくさんのカンガルーがいます。

また、グラウンドへの道の途中は山からの素晴らしい景色が広がっています。

 

景色のよさと、グラウンドコンディションでテンションが上るせいか、

ここで練習するときはいいコーチングができることが多いです。笑