オーストラリアで生卵を食べる方法

オーストラリアのスーパーで驚くことは色々ありますが、

 

その中の一つが「卵の賞味期限」です。

余裕で1ヶ月くらいあります。

だから6個入りとかは売ってなく、12個入りしかありません。

日本の感覚だったら、1人暮らしで12個入りの卵とか使い切る自信ゼロです。でも1ヶ月も賞味期限があれば問題なく使い切れます。ちなみに一番安い卵は、12個で300円くらいです。

 

聞くところによると、欧米では生卵を食べる文化がないので、生卵食べる想定をしない賞味期限を設定しているそうです。あと、採れた卵を一度冷凍して運搬してるから新鮮ではない、とハウスメイトが言ってました。

 

でも、卵かけご飯が食べたい。。個人的には海外に住んでる日本人あるあるだと思ってます。

そしてついにオーストラリア来て初めて卵かけご飯を食べちゃいました。

 

それでは、欧米で生卵を食べる秘策を教えましょう。

 

それは、

 

 

家で鶏を飼うことです。

 

最近、家主が鶏を飼い始めたのでとれたてが食べれるのです。

そして、鶏かわいい。

家主が家にいるときはいつもゲージから出して放牧してるんですが、家主が庭に来ると鳴いてアピールするし、寄ってくるし、いつも2羽で一緒に行動しててめちゃくちゃ癒やしです。

ちなみに、一日2個くらい卵産むらしいので、だいぶ経済的。

 

というわけで、海外で生卵食べたくなったら鶏飼うといいです。

 

もし明日お腹痛くなったら報告します。

 

コメントを残す