学校のオリエンテーションで爬虫類に遭遇したときの対処法を教わる

今日は来週から始まる専門学校のオリエンテーションに参加。

興味深かったのはプログラムの「爬虫類について」

ただのアトラクション的なものかと思ったらオーストラリア、特にキャンベラは爬虫類が多いから、遭遇したときの対処法という意外と重要な内容笑

実際に家の庭で遭遇したデッカイトカゲや、個人レッスンしてる子のお母さんから注意喚起があった蛇の二種類ともよく出る爬虫類として実物が連れて来られた。あと亀も多いらしい。クロコダイルは北の方の暑いところにしかいないから心配しなくていいとのこと。

あと、アボリジニのダンスをみんなで踊るというコーナーも。

 

ちなみに通うのは「ITネットワーキング」というコース。よく理解してないけど、ITのネットワーク関連の何かしららしい。

「スポーツコース」もあったけど、コース期間が短いのとセカンドキャリアを考慮して却下。

そもそもこの二年で結果が出なければサッカーから足を洗うつもりだから、そういう観点で考えると英語+IT知識があれば訳あり32歳(二年後)でも何とか仕事は見つかるのではないかというポジティブシンキング。

 

あと最近はスポーツ科学をがっつり学んだ人の意見が指導者よりも学者寄りになってることが多いような気がしてサッカーとかスポーツを学校で学ぶというのが何か気が進まない笑

Twitterとか見るとサッカー博士みたいな人がたくさんいてびっくりするけど、まぁ自分は自分のやり方で勝手にやって、シーズン終了後の答え合わせを楽しみにしよう。

コメントを残す