シドニーのクラブとの初練習試合

今日は最終メンバー発表後初の試合。(今まではトライアル期間)

対戦相手はSD RaidersというNSW(シドニーがある地域)のクラブ。オーストラリアはNSWだけダントツでサッカー文化が成熟しているらしい。

実際、3部のチームだけど、TDは元オーストラリア代表選手。試合会場にはマッサージ台で選手のケアをするレベル。

そして、ちゃんとアップを練習着で行っていた。当たり前に聞こえるけど、西オーストラリアでもキャンベラでもユニフォームでアップするのが当たり前。だから、最初の試合ではいつも「ユニフォームは神聖な物だから、完全に戦闘態勢に入ってやっと着れるんだ」という話をしてる。こういうのは理屈よりも精神論の方がしっくりくる。

 

肝心の試合は、0-0の引き分け。

オーストラリアで0-0ってかなり珍しいスコア。それくらいみんな守備のことを考えずに攻撃するから。

今日は「コンパクトな守備体系を保ってボールを奪う」というテーマだったから、そういう面ではほとんどピンチになることはなく合格点。

あとはボールポゼッション時に、」まだまだビビって大きく蹴りがちだから、そこが改善されると一気にゲームを支配できるようになると思う。

 

最初に言ったようにNSWはサッカーのレベルが高いから3部といえど、引き分けはそこまで悪い結果ではない。実際に今日はU12からトップチームまで試合があって、U16が勝った以外は全チーム負け。

 

なにより今日は、

ケガ人が4人、所用で欠席が1人、当日の病欠が2人で10人しかいないという事態。本来トライアルで落ちたはずの選手が連絡の行き違いで来てたから何とか11人は確保できたけど。あとは前に試合をしていたU16から選手を借りてやりくりするという状況。

まぁオーストラリアではあるあるだけど。

 

相変わらずアシスタントコーチが不服そうだったのが気になるけど、今のところプレースタイルは順調に落とし込めてる。

コメントを残す