第3節 リベリーノ・ライノス戦

90分通して出来が悪かった第1節。

GKからしっかりつないでいくスタイルだと、結果に直結する緊張感から練習試合でできていたことが公式戦になると急につなげなくなるっていのうは日本でも経験したことだった。

前半圧倒したの後半急失速の第2節。

初戦の反省を生かして試合開始から勇気を持って繋いだことにより本来の力を発揮。でも1点リードしたことにより勝ちを意識し始め、前に急ぎはじめてしまいボールを保持できなくなった結果、パニックに。そうこうしているうちに逆転負け。これも日本で指導していたときに経験済み。

 

そんな中迎えた第3節。前節の反省を活かせれば確実に90分通してスタイルを貫き通せる自信があった。この日の相手はここまで全勝。恐らくチームの平均年齢が1歳以上違うと思われるほど体つきが違う相手。さらに相手のフォーメーションも3‐4‐3と練習試合通しても初の3バックの相手。前線からのプレスの質も高く、間違いない今までで一番レベルの高い相手だと感じた。

 

相手のプレスに焦り、簡単なパスミスが続きなかなかボールを支配できない状態が続いた。それでもディフェンスはしっかりと機能しており、守備が崩される場面はなかった。

プレスが厳しい相手の場合、ビルドアップを続けていけばそのうち慣れて、ボールが繋げるようになる。だからボールが繋げないことはそこまで心配していなかった。

 

そんなことを思っていた前半15分、自陣の深い位置(ペナルティーエリアの角のさらに外側)で相手にボールを奪われる。それでもしっかりと対応が出来ていたので特に問題のない状況と思ったら、相手がゴールに向かって蹴ったふんわりとしたボールがそのままゴールイン。ゴール中央からならシュートコースをブロックしなかった選手が悪いが、角度的にゴールに向かってボールを蹴られるのはOKな位置だから完全にGKのミス。

 

ミスを責めてもしょうがないので切り替え。そして前半30分に相手がうちのDFの裏へ蹴ったボールが外側に流れる。相手が先に触る状況ではあったがCBが対応しており、角度もまったくないところだったので問題ないように見えた瞬間、なぜかかなり遅れたタイミングでGKがCBのコースを遮る形で飛び出す。相手FWがワンタッチでGKを交わしてジ・エンド。

 

そして0-2でハーフタイム。

 

「守備は機能しているし、相手のプレスにも慣れてきたから後半は逆転できる」と臨んだ後半戦。

 

開始5分ほどで相手が思いっ切り蹴り出したボールがそのままうちのペナルティーエリアまで到達。それをペナルティーエリアの外でコントロールしようとしたGKが、なぜかボールに触れずに後逸。それをそのまま決められ0-3。ビルドアップしようとしてのミスはOKだと伝えてたものの、後逸の仕方があまりにもお粗末。そもそもペナルティーエリアの中で普通にキャッチできたし。。。

 

正直、失点の仕方からも完全にもう選手の集中力も持たないだろうと思っていたら、直後に1点返し一気に追い上げムードに。

 

が、その直後の相手のキックオフからの流れで相手が中盤でこぼれ球を拾う。ゴールからも距離があり、DFも揃っている状況。それでも強引にシュートを打ちに行った相手選手は濡れたピッチで滑ってしまい、スライディングしながらシュートを打つような形に。その勢いもないシュートがなぜかそのままゴールイン。最悪のタイミングでの失点。

 

それでも諦めない選手はここから脅威の追い上げで2点を追加し、同点にするチャンスも何度も作ったが3-4で終了。

 

GKが負傷しているためU20のサブGKが助っ人としてプレーしていたので文句は言えないし、別にGKのミスで失点してしまうことはありえることだから怒りとかは全然ない。

 

それなのに2連敗ということに過剰に反応する大人たち(保護者にテクニカルダイレクター)

しばらく封じ込めていたフォーメーションへの不満が再発。フォーメーション変えたらGKミスしなかったんかい。

 

まぁ結果が全てだからしょうがない。

今に見ていろクレーマー達よ。

 

コメントを残す